すっぽん小町に含まれるEPA・DHA

コラーゲンだけでなく、健康に必要な成分のEPA・DHAも含む「すっぽん小町」!

「すっぽん小町」は、水と空気が美しい豊な自然に囲まれた佐賀県の背振山のふもとの地で育まれた高級「はがくれすっぽん」を使用した天然コラーゲンをメインに配合し、その他に、ビタミンE、亜鉛、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルなども含み、多くの方に愛用され、2014年3月現在、800万袋を突破したという大人気サプリメントです。

 

ハリを持たせる美容成分として知られているコラーゲンを豊富に含むということで、いつまでも美肌を維持したい・・・という女性をメインに好まれていると思います。

 

ですが、コラーゲン、ミネラルなどの他に、健康的な体を維持する働きを担っている必須脂肪酸のEPAとDHAも含み、毎日、元気の源となるサプリメントの「すっぽん小町」です!

 

 

 必須脂肪酸のEPA・DHAとは?

 

EPAは、「エイコサペンタ酸」、DHAは、「ドコサヘキサエン酸」の略で、イワシやマグロ、サバ、サンマなどの青魚に豊富に含まれ、「必須脂肪酸」といわれる健康的な体を維持するために欠かせない成分です。

 

この脂肪酸は、体内で体調を整えるなどの働きをする油脂を構成する一つで「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」の2種類に分かれます。

 

さらに、「不飽和脂肪酸」は、「多価不飽和脂肪酸」と「一価不飽和脂肪酸」に分類され、またさらに、「多価不飽和脂肪酸」は、n-3系とn-6系の2系統に分類されます。

 

すっぽん小町に含まれているEPAとDHAは、「n-3系多価不飽和脂肪酸」のひとつになります。

 

そして、この「不飽和脂肪酸」は、「飽和脂肪酸」に比べて融点が低いため体内で固まりにくく、血中の中性脂肪やコレステロール値の調節を行い、体調を整える働きをしていますが、体内で合成することができないので普段の食事など、外部から摂取しなければなりません。

 

こうしたことから、「多価不飽和脂肪酸」は、「必須脂肪酸」ともいわれています。

 

一般的に、油脂というと肥満の要因になるなど、悪いイメージがあると思いますが、体内で不足すると、体調を崩す原因になる恐れもあり、とても重要な栄養素です。

 

健康な体を維持するには、1日あたりの必要量を十分に摂らなければなりません。

 

 

 EPAとDHAの効果

 

EPAは、血液中の赤血球の膜を柔らかくしなやかにして、自らの形を変える変形能という能力を高める働きがあるので、血管の中を血液がスムーズに流れるようになる血液サラサラ効果があります。

 

さらに、血栓を溶かしたり、血小板が固まるのを抑制したり、血中の中性脂肪を減らしたりと血液のドロドロ化を防ぎ、心臓病や脳梗塞などの重病になるリスクを低減するといわれています。

 

また、最近の研究では、肥満を防止する成分として痩せるホルモンのGLP−1の働きが解明されました。

 

一般的に、人は年齢を重ねるとともに加齢の影響で、徐々に脂肪が蓄積して肥満体型に変わってきますが、中には、40歳、50歳を過ぎて、特に運動や食事制限などしなくても、スレンダーな体型を維持している方がいらっしゃいます。

 

その秘密は、小腸で分泌される痩せるホルモンのGLP-1でした。

 

実は、このGLP−1は、EPAを摂取することで小腸が刺激され、大量のGLP−1が分泌されるそうですので、ダイエットをされている方には効果が期待できます。

 

一方のDHAは、脳や神経組織の成分となり、発育、機能維持に効果があり、「DHAを十分に摂取すれば、頭が良くなる・・・」ともいわれています。

 

 

このように、すっぽん小町は、毎日、健康的に過ごすために必要な成分も含まれて、元気の源となるサプリメントです!

 

 

すっぽん小町の通販