ターンオバーで肌は生まれ変わる!

ターンオーバーで常に健康的な肌が保たれている!

肌の表面に位置する表皮は、上から順に、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層からできており、この部分で新しい肌細胞が生まれ替わっていくので“肌の生産工場”とも呼ばれています。

 

肌がケガなどで傷ついたり、日焼けしたり、乾燥したりしても、数日で修復されて健康的な肌が保たれているのは、表皮の中で、常に新しい細胞が生まれ、古い細胞と入れ替わっているからです。

 

実際に人が目にするのは、表皮の一番上の角質層の部分で、この角質層が美しければ、美肌ということになります。

 

 

肌をつくる細胞は、まず、表皮の一番下に位置する基底層で生まれます。

 

その新しい細胞は、基底層→有棘層→顆粒層と、徐々に上に押し上げられ、約28日かけて角質層の古い角質細胞と入れ替わって新鮮で健康的な肌が生産されます。

 

そして、古い角質細胞は垢となって脱落していきます。

 

この肌の生まれ変わるサイクルをターンオーバーといいます。

 

このターンオーバーのサイクルは、一般的には約28日ですが、個人差があり、29〜35日と遅い周期の方もいらっしゃいます。

 

周期が遅いから悪いということではなく、その個人の周期が一定に維持されていることが大切です。

 

しかし、ターンオーバーの日数は、年齢を重ねるとともに老化の影響で徐々に遅くなり、40歳代になると40〜50日、60歳代では100日くらいもかかるといわれています。

 

高齢になって、なかなか傷が治りにくいとか、痕が消えないというのは、老化の影響で肌代謝が低下してターンオーバーが遅くなることが原因です。

 

さらに、紫外線を浴びることで角質が厚くなったり、摩擦により細かい炎症が起きたりすると、ターンオーバーを乱す原因になり、また、夜更かしを続けたり、不規則な生活を続けたりしての睡眠不足もターンオーバーに悪影響を与えます。

 

睡眠中は、肌に限らず、体中のさまざまな代謝が活発になって修復、再生される大切な時間です。

 

もちろん、寝不足の状態は、ターンオーバーも十分に行われないということになってしまいますので、毎日、最低でも6時間以上の睡眠を確保する規則正しい生活を送るように心がけましょう。

 

 

 

 肌のゴールデンタイム

 

現代社会は、女性も男性と同じように会社の中で重要なポジションに就き、忙しい毎日を過ごすようになっています。

 

その結果、生活が不規則になり、寝不足が続き、さらに、食生活も乱れて栄養が偏ってしまうという女性が少なくないようです。

 

ですが、美肌を維持するためには、睡眠と食事はとても深い関係にあり、特に、睡眠は食事よりも肌に与える影響は大きくなります。

 

誰でも経験があると思いますが、夜更かしをして寝不足の日は、頭痛がしたり、体が重かったりと、どうしても体調が悪くなりがちですが、2、3日くらい栄養が偏った食事をしても、睡眠不足ほどの体調不良は起きないと思います。

 

それだけ、睡眠不足は肌だけでなく、体全体に悪影響を及ぼしてしまうわけです。

 

 

睡眠中は、血液が体のさまざまな各所に流れ始めて肌にも栄養素が行き渡るようになり、それに、肌の生まれ変るターンオーバーも行われ、肌を含む体全体が修復され再生されるという重要な時間になります。

 

そもそも人の体の血液は、昼間の起きている時間は脳を中心に流れており、なかなか肌にまで栄養素が行き渡りません。

 

そして、夜10時〜深夜2時までは「肌のゴールデンタイム」と呼ばれて、この間に深い睡眠を取れば肌の修復、再生に理想的とされています。

 

しかし、忙しい女性たちにとっては、夜10時にベットに入るのは、とても難しいことだと思います。

 

ですので、せめて12時前には就寝するようにして、毎日、たっぷりと6時間以上の睡眠を取り、規則正しくベットに入る就寝時間は同じになるように心掛けましょう。